Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 

 ◆練馬区日韓友好協会創立40周年・婦人会結成35周年
                             
(2013.11.26)

 
 

 練馬区日韓友好協会(内田修弘会長)の創立40周年と同婦人会(深野智子会長)の結成35周年を記念する祝賀会が11月18日、池袋のホテルメトロポリタンで内外の来賓など約200名が出席し盛大に開催された。
 会には、練馬区・志村豊志郎区長、韓国大使館・金辰植総領事、民団中央本部・呉公太団長、菅原一秀・衆議院議員、小川敏夫・参議院議員などの来賓および、民団東京本部からも金秀吉団長をはじめ本部、支部、傘下団体の幹部が出席した。
 会の冒頭、内田会長、深野会長、民団練馬支部・崔好炳支団長が壇上に上がり主催者を代表して内田会長が「小さな力だが両国の平和と繁栄の為にこれまでもやってきて、これからも努力して行きたい」と挨拶をした。来賓の祝辞では志村区長の祝辞の後、同協会から、練馬区長に車いす10台の寄贈目録が手渡された。駐日韓国大使の名代として出席した金辰植総領事は、大使祝辞を代読するとともに、同協会の功績を称え駐日大韓民国特命全権大使の表彰状を同協会に授与した。
 また呉公太中央本部団長の祝辞に続き、挨拶に立った金秀吉東京本部団長は、「練馬日韓友好協会の創立にご尽力された初代会長の故加藤源蔵氏は、韓国と日本の国と国の関係と言うよりも、人と人との深い心の信頼関係を築かました。それが練馬日韓友好協会の伝統でもあり、双方が共に繁栄することが、真の日韓友好につながるものであると私は思います」と初代会長であった故加藤源蔵氏の称えるとともに「練馬日韓友好協会の存在と活動は、日本と韓国の友好親善を通じて、両国の平和と繁栄に必ずや結びついていくものと強く思います」と同協会の活動に大きな期待を寄せた。
 祝賀会は、日韓の民俗芸能などが披露され、締め括りに同協会のコーラスグループ・ムグンファが舞台に登場、出席者とともに日韓の歌を合唱し、感動の内に会を終えた。
 練馬日韓友好協会は、東京日韓親善協会連合会、日韓親善協会中央会の設立の3年前の1973年に、練馬農協(現在の東京あおば農協)とソウル特別市農協(同ソウル農協地域本部)が姉妹結縁関係にあったのを基礎に74年9月に都内で初めて日韓親善協会として発足した。 
 特に初代会長の故・加藤源蔵氏(農協中央会副会長・東京農協会長)は、農協の重職にありながら献身的に日韓親善に長年にわたり寄与してきた。その功績を称え韓国の国民勲章冬柏章を受章されている。練馬区日韓友好協会の会長に就任して練馬農協の屋上に日韓両国の国旗を毎日掲揚、「太極旗を降ろせ」との批判が噴出するも、頑として掲揚を貫き通したという。
 また現在も地道な活動を続け東京の東京日韓親善協会連合会においても中心的な役割を担ってきた。地域においても同会の婦人会のコーラスグループ「ムグンファ」や料理教室などを継続して行っている。

     

 

 

 
 
   
 
   
   
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715