Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 

◆東京本部 第2回支部ブロック協議会    (2013.11.02)

 
 
              第2ブロック協議会の様子

  11月2日、最初に開催された第1ブロック支部協議会(荒川・品川・杉並・墨田・練馬・文京)は、杉並支部(文柄準支団長)主管のもと杉並支部会館で行われ、文柄準支団長が「民団創立の意義を想起して議論してほしい」と挨拶して始まった。会は、民生的要素が希薄化し、支部との接点がなくなりつつあるとの現状をあげ、地域に密着した団員コミュニティーの緊要性が議論された。
 7日には、第2ブロック協議会(北・江東・新宿・世田谷・目黒)が、江東支部(鄭基旭支団長)主管で江東区潮見の「ふれあい会館」にて開催、支部活性化の方策など議論した。議論の中で参加者から、民団再生の目標を問いながら「烏合の衆より組織を背負っていける幹部育成が緊要」との意見も出された。
 翌8日には葛飾支部(李徳和支団長)主管で第4ブロック協議会(足立・板橋・葛飾・渋谷・中野)が葛飾支部会館で行われた。主に地域の共生に重点がおかれ、日韓親善協会への取組や、韓日親善活動の推進方法など、各支部の経験をもとに活発な意見が出された。
 11月30日には、第3ブロック協議会(江戸川・大田・台東・豊島・港)が台東支部(夫奉秋支団長)が主管し、台東支部会館で開催された。前回引き続き各支部の財政状態を中心に支部概況を交換しあった。次世代育成についてある支団長は「過去の伝統に固執していては未来創造は困難」とドラスティックな発想の転換が必要だと述べた。

 

 

 

 

 
 
   
 
   
   
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715