Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 

第90周年関東大震災殉難同胞追念式挙行される(2013.9.1)

 
   
 2013年9月1日午前11時30分、第90周年関東大震災殉難同胞追念式が東京本部(金秀吉団長)主管で、230名が参加する中、中央会館8階ホールで開催された。東京本部が90周年という節目にあたり、映画の上映や講演会を通して歴史と現状認識を深めることに力を注いだことで、例年より参加者が多かった。  
 一部式典では冒頭経過報告に立った金昌世副団長が虐殺された6000名以上の犠牲者の無念を込めて「国が人種、民族差別の防止に向けた人権教育の推進など具体的な措置を講じなければならない」とし、、在日が再び同じ歴史の犠牲者とならないよう「真の善隣友好への架橋を作るために努力すること」を訴え報告を終えた。
  次に本国を代表し、李丙琪駐日韓国大使が献花し、続いて中央本部・呉公太団長の代表献花があった。韓国大使が式典に参加するのはここ10年ぶりのことだ。
  続いて、生花に飾られた祭壇の前で金秀吉団長により追念辞が述べられた後、参列者より順次献花が行われた。金団長は追年辞の中で虐殺された殉難同胞に対する哀悼の意を表し、「この地に子子孫孫が安心して平和にに暮らせるよう、同胞の権益擁護と地域住民として共生共栄する社会の構築に同胞が団結して尽力することを誓う」と述べた。
 献花が終わり、関東大震災が発生した午前11時58分を待って、参席者全員が黙祷を捧げ、殉難同胞の冥福を祈った。  
  2部では呉充功監督が1983年に制作した関東大震災朝鮮人虐殺記録映画「隠された爪痕」を上映、続いてフリージャーナリスト・安田浩一さんによる講演会が行われた。
  「ヘイトスピーチと排外主義~差別する側の正体」と題して行われた講演で安田さんは「先の映画に出てきた震災時の状況と、今の社会状況は全く同じで、見ていて胸が苦しくなった」と訴え、1時間以上にわたりネットと愛国・在特会について映像を交えながら熱弁をふるった。参加者の一人は「在特会やネット右翼は在日の敵。決して許してはならない。彼らの実像がわかってとても勉強になったが、反面恐怖も感じる」と語った。  

 

    殉難同胞へ哀悼を込めて献花する李丙琪駐日韓国大使
 
 
   
 
   
   
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715