Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 
東京本部・第49回定期地方大会の開催 (2013.3.23)
 
 

 去る3月23日午後2時半より韓国中央会館8階大ホールにおいて、民団東京本部(金龍濤団長)第49回定期地方大会が、同日午前からの第53回定期地方委員会に引き続き開催された。
呂起成副議長の開会辞の後、金秀吉議長の大会成立宣言が行われた。同大会は、地方代議員在籍483名中425名(定員500名、欠員0名、未配定17名)が出席した。
 金秀吉議長は冒頭の挨拶で「3年間、皆様のご支援とご協力に衷心より感謝致したい。昨年、本国において在外同胞が国政に参与できたことは歴史に残ることです。今日の大会が民団の基盤をさらに固める大会になるよう皆様のご協力をお願いします」と挨拶した。続いて、金龍濤団長は「3年間の永い旅路から戻ってきたような気がします。皆様からご支援ご鞭撻を賜り、多くの活動及び諸般事業を成功裏に全うできました。心から感謝します。組織を導いていく幹部は和合と和睦な民団づくり努め、後輩にも模範を示し、未来志向的な民団にしていくことをお願いします」と挨拶した。
 続いて、李壽源監察委員長は「3年間の監察機関を担当しながら、各支部が抱えている問題点などについて、もっと身近に対応できなかったことなど多くのことを学び、多くのことを反省し、これをバネにして勇気と大胆さをもって輝かしい民団の伝統を繋いでいけるよう努力します」と挨拶した。
 来賓の挨拶では上部機関の中央本部団長の名代として林三鎬副団長より挨拶があり、大使館の金辰植総領事の挨拶の後、顧問を代表し夫昇培常任顧問が挨拶を行った。



 来賓及び顧問の紹介の後、報告において河在龍事務局長より第53回定期地方委員会の結果報告が行われた後、任員改選における現職の東京本部三機関任員の総辞職が行われた。
その後、選挙管理委員会の李時香委員長の挨拶の後、李昇虎生活部長より選挙管理委員会の経過報告が行われ、三機関長候補者の所信発表があった。
団長候補者には金秀吉氏(前議長)と康三熙氏(港支部常任顧問)2名が立候補し、議長には南照男氏(前副団長)が、監察委員長には李壽源氏(前監察委員長)がそれぞれ単独で立候補した。
 団長選出においては、2名が立候補したことにより投票が行われた。
 投票の結果、投票総数412票中(無効10票)、金秀吉候補が274票、康三熙候補が128票で金秀吉候補が当選し、新団長に選出された。議長と監察委員長の立候補者はそれぞれ1名のため、規約に基づき無投票当選となり南照男氏が新議長、李壽源氏が監察委員長に選出された。
呂起成副議長による当選宣言の後、李時香選挙管理委員長から当選証書が手渡された。



 新たに選出された金秀吉・新団長は「皆様の一票一票を真摯に受けとめ、身を引き締めて民団・団員のため全身全霊で頑張ります」と感謝を込めて決意を述べた。また、南照男・新議長は「民団は限られた人数の団体であります。仲良く共同体になって民団の発展に造成に努めたい」と協力を呼びかけた。李壽源・新監察委員長は「任された監察委員長職を全うできるよう一生懸命に頑張ります」と挨拶した。
 最後に、崔聖植副議長の閉会辞をもって第49回定期地方大会を終えた。大会の終了後、都内の式場おいて、新三機関長の就任祝賀会が盛大に挙行された。


 

 
 
   
 
   
   
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715