Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 

オリニサマーキャンプ2012開催(2012.8.17)

 
 


 青年会東京本部(李亨燦会長)は、2012年8月17日〜8月19日の日程で、オリニサマーキャンプ2012を山梨県石和温泉周辺で開催され、小学1年から中学3年までのオリニ69名、引率青年52名が集い、盛大に行われた。
 1日目の開村式には、来賓として、民団東京本部より南昭男副団長、婦人会東京本部より河貴明会長が出席し開会の挨拶があった。
 2日目の運動会でオリニたちは、チーム一丸となって競技に取り組み、最後まで接戦となったため、オリニも青年も白熱した内容となった。また、ナイトフェスティバルでは、それぞれの班が出し物を行い、個性的でユーモアあふれる内容となった。
 日本で生まれ育ち、生活する在日韓国人が4世・5世へと移り行く同胞社会において、大多数のオリニが日本学校へ通学し、民族的なものに触れる機会、同胞のオリニ同士が知り合い交流する機会が皆無といえる。
 本事業はオリニ達が自然と触れ合い冒険心・探究心を促すことにより自覚、自立心が芽生え、今以上にオリニ達が成長する一つのステップに、また、運動会やナイトフェスティバル等ではチームごとに課題に取り込む事によってオリニ同士が意欲的にコミュニケーションを図り、思いやりが芽生え大切な宝物が一つ増える事が期待できる。さらにオリニ達が韓国の文化や言葉を自然に吸収できる環境作りに配慮し、引率する青年が一丸体制となって取り組む事により青年会の活性化にもつながる相乗効果も十分に期待される。
 青年会では、在日同胞社会を担う次世代への民族教育が最重要課題であると捉えており、継続していく使命を携え、来年度以降も引き続き、オリニ事業の開催を予定している。

 

 
 
   
 
   
   
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715