Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 
東京本部・第7回団長杯支部対抗ボウリング大会開催 (2011.7.2)
 
 


 東京本部(金龍濤団長)の恒例行事となった支部対抗ボウリング大会。今年も7月2日(土)午後2時から東京ドームボウリング場において「第7回民団東京本部団長杯・支部対抗ボウリング大会」が青年会東京本部(朴裕植会長)主管で開催された。
 東京本部の金龍濤団長は開会式で「東京本部のボウリング大会は幅広い世代が参加でき、とてもよい交流の場として、民団の活性化にもつながる。さらに青年会の組織活動の一環としても大いに一役を担っている。今後も各支部の青年会育成につなげるよう継続的に支援していきたい」と挨拶した。
 今回の大会には各支部及び参加団体より、約200名の団員たちが集まり、140名が競技に参加した。また、本大会で成績の優秀者は韓国で開かれる全国体育大会の出場選手選抜試合に参加できる資格が与えられる。そして、何といってもこの大会の見どころは支部対抗だけに団体成績の結果にある。
 各機関長たちによる始球式の後、スタートしたボウリング大会は、総2ゲームを行い合計点数での順位を決める。支部対抗は支部の参加者のうち、高得点3名の合計点数で競うことになっているので、支部で多い人数が参加したほうが確率的には有利になる。



 個人戦の結果は、男子部の1位に、梁清海氏(378点、新宿支部)、2位は、河政男氏(376点、民団中央)、3位には、金南允氏(372点、荒川支部)。女子部の1位は、河孝順さん(379点、江戸川支部)、2位は、黄聖姫さん(377点、足立支部)、3位には金貞姫さん(365点、練馬支部)がそれぞれ賞に輝いた。
 注目の団体戦は昨年まで連続2位止まりだった足立支部が1025点を獲得し、僅差で台東支部を抑えて、念願の優勝を果たした。2位は1023点で台東支部、3位は1010点で民団中央本部が昨年に続き3位をキープした。
 ボウリングは各支部ごとに、支部活性化を図る目的として活動しているが、昨年、体育会関東本部においてボウリング部会が正式に発足し、本格的にボウリングの普及をはじめ、人材発掘、支部間の交流を図りながら、活動を始めたばかりである。



 また、オリニから大人まで男女問わず幅広く参加できる利点があり、一般の人々に愛されているスポーツで、今年も大韓航空、アシアナ航空、ロッテホテル、㈱美浜などからの協賛があり、大型テレビや韓国往復航空券、宿泊券など多くの豪華賞品が当たる抽選会も行われた。
 表彰式では世界7大自然景観候補としてノミネートされた済州島をぜひ選ばれるよう、日本地域推進委員会(呉賛益委員長)からインターネット、電話などによる投票方法の説明がなされた。
 また、本大会に本国からハンナラ党の在外国民委員長のチョ・ジンヒョン国会議員が参観。各機関長と共に始球式にも参加した。

 

 

 
 
   
 
   
   
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715