Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 1945年の日本の敗戦により民族解放が実現した。在日同胞は8月18日に杉並で「在日朝鮮人対策委員会」が組織されたのを皮切りに、全国で数多くの同胞団体が組織された。しかし、こうした群小組織を一体化するため同年10月に結成された「在日朝鮮人連盟(朝連)」は、発足当初から共産主義の左派が独占するようになり、これに不満を抱いた同胞青年たちは11月に「朝鮮建国促進青年同盟」を組織した。
同年11月、秋田刑務所から出所した戦前からの同胞指導者であり、後に民団初代団長となる「朴烈」は、左派に独占されていた朝連に入ることを拒否し、共産主義化に反対し決起した「朝鮮建国促進青年同盟」と「新朝鮮建設同盟」を主軸として民主勢力を糾合、共産主義者らの妨害をのりこえて1946年10月、日比谷公会堂で2000名の同胞が集い「在日朝鮮居留民団」を結成した。
東京においては、12月に豊島、板橋、練馬の3区連合支部が結成され、翌47年2月に文京、台東、北、墨田、江東、江戸川による6区連合支部と、中野、新宿、世田谷、目黒、渋谷の5区連合支部が相次いで結成された。
民団東京本部は、こうして結成された各支部組織の代表が集い、1947年2月28日に文京区内において「在日朝鮮居留民団東京本部」結成大会を開催し、今日の民団東京本部がスタートした。
民団は1948年、韓国政府の樹立とともに在日同胞の公認団体として同年9月、正式に認められた。また、韓国動乱の時には祖国防衛のために641名の青年学徒義勇軍が編成され、第一線に参戦している。

 
 

  主要行事・会議案内 

民団東京サポータセンター案内
第13回民団東京本部団長杯ボウリング大会「在日韓国人 親睦의 모임」(2017.06.24)
第6回 支団長・傘下団体長会議(2017.04.14)
東京本部 支部事務部長会議(2017.04.07)
第57回定期地方委員会
第7回執行委員会(2017.03.15)
第6回執行委員会、第5回支団長・傘下団体長合同会議(2017.02.03)
第6回執行委員会(2017.02.03)

Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715